ときどき晴れのくもり空

いつか想像してた未来と今が少し違っていたって

yumyum

ガラスの靴より瓶が好き

何かのきっかけで、突然、日常の一部となるものがある。最近、いつのまにか当たり前の習慣になったのが、ガラスの瓶。一時的にものを保存するのに、大活躍している。 わたしはどうも、ぺこっとしたタッパーが苦手で、洗い物の時の触感がいやだという理由で、…

寝込む週末

風邪気味の週末。金曜日の夜は寒くて寒くて、体をあっためてから帰ろうと思って選んだ担担麺も、ちっともお箸が進まない始末。 いつもラーメンを食べると「餃子も食べていい?」と追加注文をするのに、いっさい餃子を欲しがる様子がないわたしに、最初はのん…

ひび、たまごいろ

この間の秋刀魚の晩以来、やたらと卵かけごはんを食している日々だ。 一年に一回くらい、「無性に卵ごはんが好きになる時期」というのがあるのだけれど、久しぶりに食べてみたら、やはりとてもシンプルなおいしさで、今日は晩ごはんに卵かけごはんが待ってい…

来年はてるてる坊主を

日なたの匂いのする電車に乗るが好きで、ときどき思い出したように遠出をする。 この間は、東京に来てから何回か夏ごろに「行きたいな」と思って、そのたびに終わるまですっかり忘れてしまっていた「もみじ市」*1にようやく行ってきた。 雑貨とごはんと、そ…

10月はじめの備忘録

この間まで外から早足で帰ってきては、「あつい!!!」と騒いで、罪悪感を感じながらクーラーのスイッチを入れていたのに、10月はじめの木曜日、手のひらを返すようにクローゼットの奥にしまいこんでいたストーブを取り出した。 朝、シャワーを浴び、もはや…

あたたまる

10月。またしても三連休。今年は多い気がしているけれど、気のせいかなあ。来月も2回もあるし、体感だとほぼ毎月1回は楽しんでいるくらいの頻度。 土曜日はゆっくりお昼ごろに起き、お休みの時の常で家中のカーテンを開ける。夏の間、カーテン越しでも部屋…

骨ぬき

どうせなので、お昼ごはんと晩ごはんの記録もまとめて。 お昼がいちばんジャンクだったかもしれない。 最終日の今日くらい、何か作ろうかなあと思い、料理の描写がたくさんあるかな、と積読だった『あの家に暮らす四人の女』を読み始めたのだけれど、意外に…

それからは朝ごはんのことばかり考えて暮らした

こんなに引き篭もったのは久しぶり、というくらい徹底して家に篭もった5日間。意外にも、ものすごい達成感である。用事もおでかけも、すべて前後の週末に全部逃がしたかいがあったというもの。 連休となると、ついついもったいなくて「どこかに行かなきゃ!…

Holiday in Yellow

ある一日。 平日にお休みを取って、好きなことだけをした。すごろくの「一回休み」みたいな唐突な夏休み。 ほんとうは、平日に休むのが、いちばん理想のお休みだと、常々思っている。 でも、結局仕事のことが気にかかって、心から休めない……なんてなると嫌な…

Tea for...

アラームを全部消して寝て、それなのにぱきっと、朝、いつもより少し早い時間に目が覚めて、家中のカーテンを開けて部屋をまっしろにしてから、本を読みながら、とろとろともう一眠り。 明るくて白い家の中、レースカーテン越しの日差しに、眩しいなあ……と寝…

365日の宝くじ

秋である。 嘘でしょ、もうちょっと夏が続くんでしょ? と思っている内に、いつの間にかほんとうに秋になってしまった。 ここ最近の残暑には、毎年うんざりしていたけれど、ここまであっさり秋に入られると、それはそれで釈然としない気持ち。 おまけに、朝…

この3連休に、したこと。

この3連休に、したこと。 毎朝、必ず8時に一度起きて、「今日もおやすみ!」というしあわせを、わざわざ噛みしめてからの、盛大な二度寝。 久しぶりに休日の朝にうれしいチャイムが鳴ったので、初日の朝だけは二度寝のベッドに飛び込みたい気持ちを少し我…

つつましやかなミルフィーユ

3連休。まるで年末年始のように、「食っちゃ寝」を繰り返している。好きな時に起き、好きな時に眠り、そして久々に連続で自炊。 しみじみと背中のこわばりが取れるような、一段呼吸が自然と深くなるような、こんなお休みの過ごし方が、祝日なしの6月から7…

連想珈琲

相変わらず、コーヒー生活が続いている。 休日の朝、ねぼけたまま淹れるのは、バニラとマカダミアフレーバーのコナコーヒー。 コーヒーを淹れただけなのに、朝からパンケーキを焼いたような香りが部屋中に広がって、お手軽に休日気分を味わえるところが気に…

ケチャップ

「人に何かをオススメをする」という行為がするりとできる人は、いったいいつその技術を身に着けたのだろう、というのは、物心ついた頃からこちら、一向に解明できていない謎で、つまり、わたしは人に何かをオススメするのが悲劇的に下手だ。 たとえば面白か…

Cozy

数週間ぶりにのんびりとした週末。2日とも、一切電車に乗らず過ごしたのは、いったいいつぶりだろう。目が回るような日々が終わったらすぐにまた、という未来なのでともかくひたすら休息。 身に着けるものも、さらっとした生地のてろんとしたショーパンに、…

Tiramisu Hero

よく休んでいる、という言葉がとても正しい連日のお休み。冬の間にかなり(!)蓄えてしまっていたようで、ちょっとダイエットしなきゃなあ、と思いながら毎日いろんな誘惑に負けている。 そんな中、負けたいのだけれどなかなかチャンスのない誘惑もあって、…

ガラスの靴とバラの味

連休初日。大事なことを早い時刻にわっと片付けて、まずは映画へ。 ようやく『エイプリルフールズ』を観るべく重い腰を上げたのだけれど、ひとりならこのGWの時期でも『シンデレラ』が入れそうということで、急遽予定を変更することに。 去年買って以来、…

黄色いしあわせ、ブランチの王様

夢ぴりかと砥部焼のお茶碗がいつもスタンバイしているようになって、最近、家で食べるごはんはもっぱら和食よりに。生まれて初めて冷蔵庫に、お新香を常備する生活で、自分でも驚いている。 ちょっと水加減を間違えてもおいしいお米って、こんなに偉大なのか…

充電上手な週末

念願の豆ごはん。出汁を少したらして、桜色の塩を散らして。 グリンピースは別に茹でて最後にあえると色がきれいらしいけれど、去年そうして作って、少し物足りなかったので、今年はいっしょに炊き込むスタイルにしてみた。 お鍋にお湯を沸かす必要もなくて…

花曇りの土曜日、雨の日曜日

日曜日。2日続けてどんよりとした天気。 昨日はまだかろうじて泣き出す一歩手前、という感じだったけれど、今日は起きたときからずっと雨。と言っても、起きだしたら既にお昼を回っていたのだけれど。たっぷり寝て、ごろごろとhuluで映画を観て、自堕落な休…

春のはじめのおぼえがき

気を抜くとばたばたになる日々。少しずつ、思い出しながら。 月曜日。野菜を食べたい! でも疲れて自炊は無理! ということで、久々の温野菜へ。大学生の時には、妹とちょっと奮発してごはんに行くとなると、ここだったなあ。 辛い物大好きな妹と行くときは…

仕舞えない冬

そろそろ本格的に冬物は仕舞い込む季節がやってきたけれど、この冬手に入れて、このまま夏まで活躍しそうなものもいくつかある。 今年の冬は、ここ数年ずっと欲しいと思っていたものを、「買わない理由がない!」という理由でするりと手に入れた冬で、たとえ…

Chapter

しゃにむに走っている内に、気づけば、一年でいちばん好きな季節がやってきた。 夏には夏休みがあるし、夏から秋にかけてはいろいろとイベントがあるし、冬にはクリスマスと年末年始の大連休があるしで、楽しみなことはそれぞれにどの季節にもある。 けれど…

ひといきつきながら

平日のお楽しみ。それはだいたいにおいて、おいしいものといい香りに偏っている。 週末、足取りも軽く、うきうきと買い求めたチョコレートや、平日、仕事のついでに寄った駅で、「疲れたら食べよう」と念のために購入しておいた焼き菓子。 今週の「おいしい…

世界のはてではコーヒーを

穏やかな日曜日。土曜日は楽しいのがいちばん、日曜日は穏やかなのがいちばん。そう思っているわたしにとっては、とても理想的な週末になった。 朝起きると、カーテンの隙間から気持ちよさそうな陽の光がちらちらと見えた昨日とは打って変わって、朝9時の空…

ラム&コークと串カツ日和

月曜日。目が回るような定時をなんとかやり過ごし、当たり前のようにある残業をやっつけ、ばたばたと仕事を終えて、月曜日からカラオケへ。 プライベートで歌を歌うのっていつぶりだろう。お正月に家族で行ったのを除けば、仕事の飲み会の〆以外というのはと…

宵越しのチョコレート

もはやハロウィンに抜かれた、なんて統計も今年はちらほら見たりしたけれど、わたしはやっぱり一年の中でこのイベントが2番目に好き。 バレンタインデーである。 1番は子どもの頃からずっと変わらずクリスマスで、それはクリスマス自体というよりも、あの…

スパイス

ひとり過ごす、気ままな土日。 そもそも休めなかったり、しっかり休めてもひとりだったりと、今年の休日はずいぶんとばたばたした日々が続いている。今週末も、不本意ながらそれは継続中。 土曜日は、まだ外が暗いうちに起き、半分ねぼけたまま、恋人を空港…

東京珈琲

東京では何かと言うとコーヒーを飲んでいるのに、ここ数年、実家にいるときには、ほとんどコーヒーは飲まない。 ずっと缶コーヒー党の父やら、いつのまにかまたインスタント派に戻っていた母やら、地元でも頑なにスターバックスしか飲まない妹やら、かなりば…

Counting down the days

そういうわけで、新年から数百段の階段を上り、途中途中休みながらも、なんとか無事、てっぺんまで辿り着いた。 ほとんどコンベア式に、お賽銭箱の前まで押し出され、混んではいるもののお行儀のよい込み具合と言うのはあまり疲れないものなのだなと思ったり…

Counting

土曜日。天気はそこそこ。昨日の晩は、寒かった。 朝の6時という、いつもより数時間早い時間に目が覚め、暖房を入れっぱなしで少しざらついている喉のために、柑橘の飴をなめなめ、ベッドに寝転がったまま、kindleに入れっぱなしだった『退屈ゲーム』を読む…

チキンスープはトマト色

だいぶお正月気分も抜けてきたところで、ようやく少し振り返ろうかな、という気持ちの余裕が出て来た。 簡易的な大掃除である程度きれいにしたはずなのに、なんで1週間でこんな状態に!? と思うくらい、部屋は雑然と散らかっている。 重い腰を上げて片付け…

赤いカップと白いひつじ

街に赤いカップがあふれ始め、帰り道が夜でも明るく光るようになると、今年もそろそろ店じまいだなあ、と大きく伸びをしたくなる。 日に日に年の瀬感が増していて、12月も早7日目が終わろうとしているけれど、もはや焦るというよりは、そこらへんで遠慮して…

Goodbye Halloween

夕方街に出ると、どこもかしこもツリーが飾られ、お店のひとつひとつにもイルミネーションが飾られている。明日から12月。 でも、ここ数年、ハロウィンが市民権(?)を得始めてから、少しずつ街がクリスマスになるのが遅くなっている気がする。前はちょっと…

ファンファーレが聴こえる

というわけで、何か楽しいことを書こうと思ったら、そうだそれならポップコーンだろう、と思いついた。 実は食感はあまり得意ではないし、*1ふだん食べたいお菓子として思い浮かべるかというと、けっしてそうではないのだけれど、いちばんしあわせなお菓子は…

スープカレー・シンドローム

特に季節ものではないのに、寒くなると、食べたくなるものがある。スープカレーだ。 暑い季節には、ほとんど選ぶ機会がない。カレーというのは、その中でも、選択肢が多いメニューだ。家で煮込む、野菜が半分溶けてしまったような甘口のもったりとしたポーク…

街角、馬車、ただの土曜日

休日。待ち焦がれていた休日! 朝7時に起き、時刻を確認して10時過ぎまで二度寝。一度も起きずに昼まで寝るもの素敵だけれど、達成感では二度寝に勝るものはない。目が覚めた後も、できるだけベッドでごろごろごろごろして、平日たまっていた洗濯物を回す。…

ミステリ読めばおなかが空いて

朝からずっと外が暗くて、なんだかちっとも一日が始まった気がしないまま、おやつの時間も過ぎつつある。 昨夜は夜中におなかが空くミステリを読んだり、わたしとしては珍しく1週間以上毎日続いているゲームをやったりしていて、気づいたら4時前だった。 …

夜更かしドーナツ

3連休。またも台風ということで、特に大きな予定は立てず、ゆったりとした秋の週末。明日のお昼ごろからは天気も悪くなるみたいだし、またも家でまったりかなあ、と思っている。 初日は月に一度会う友人と開催する“昼から晩酌の会”があったのに、前日しこた…

木曜夜には煙を浴びに

もともとかなりの肉食で、疲れるとお肉が食べたくなるのに、意外にも焼肉に行く回数は少ない。 疲れているので食べた後は倒れ込むように眠りたいのに、焼肉に行った後、シャワーを浴びずに寝室に向かうという選択肢はないので、ついつい敬遠してしまうせいだ…

秋のごはんは家ごはん

特に大きな予定はなかった週末だけれど、食事の予定だけは立てていて、今週末は、久々に家で食べようと決めていた。 その志の一因として、この2週間、とみに外食が多かったのもあるけれど、久しぶりに読んだ『木曜組曲』の中で、家の中にいい香りが充満して…

プラリネクロワッサンとただの趣味

木曜日。この秋2度目の秋刀魚を焼いて、食後には、今年初の梨を剥いて、食卓はすっかり秋気分。 夏に来た大きなダイニングテーブルも、家庭らしい料理を載せるのが、だいぶ板についてきて、生まれて初めて食べるホワイトアスパラガスの缶詰に舌鼓を打った。…

Starting Over

休んでちょっと働いて、また明日は休み。カレンダー通りの飛び石連休だけれど、恋人が夏休みとまとめて休みを取り、今年何度目かの帰省をしていることもあって、ひとり精力的に遊び歩いている。 休日の晩ごはんも、ひとりなのをいいことに、まるで大学生にな…

何度目のいい土曜日

今までずっと、いちばん素敵なのは金曜日の夜だと思っていたけれど、3連休に限って言えば、土曜日の夜がいちばん輝かしい。 今晩深くまで遊んで日曜の午前中がなくなっても、まだもう一度“休日の朝”はやってくるのだ、という安心感。あるいは、たとえ今晩満…

うみのごはん

夏になると、帰省をする。特にこの時期、と決めているわけではないけれど、海が見たいなと思うと、近場で探すよりいっそ帰郷した方が早いので、なんとなく夏になると地元に帰ることが多い。 今年の帰省は、初めて行く場所がいくつもあって、それがとても新鮮…

最初は低温で、だんだん熱を上げて

金曜日の晩、生まれて初めて、春巻きを揚げた。 春巻きというと、中からアジアンな具がぼそぼそと出てきて、なかなか噛み切れない揚げ物、という印象しかなかったのだけれど、後は揚げるだけという状態で届いた手作りのそれは、しそとチーズ、あるいは、しそ…

物語めいた街、青い看板

これからしょっぱい週末が続くので、いい週末について書く。 これが上京した人にとって、一般的な状況なのかどうかはわからないけれど。東京に住み始めてもう8年以上(!)経つというのに、未だにわたしは降りたことのない駅の方が多い。 たとえば名前はよ…

My Cheesecake Nights

昨日の夜、チーズケーキについて思いを馳せたせいで、今、おいしいチーズケーキが猛烈に食べたい。 チーズケーキは、すべてのケーキの中で、もっと堅実なケーキだと思う。多くの場合、クリームもフルーツもチョコレートものっていないし、工程もただ材料を混…

金曜日、日比谷でビールを

週末。月曜日の朝8時から、既に待ち焦がれていた週末。 お休みに合わせたように、約1週間ぶりの一日続くいい天気で、朝から久しぶりに洗濯ができた。朝の10時には、もう暑いくらいの日差しで、それでいてまだ風が抜ける清々しさは夏の始まりのそれであり…