ときどき晴れのくもり空

いつか想像してた未来と今が少し違っていたって

すこしずつ、すこしだけ

続けて、器のこと。

https://www.instagram.com/p/ByJ-ARpHdZT/

去年から、夏の麺を食べたり、丼をするときに使えるような大きめのどんぶりを探していた。スープ皿にも使えるような洋風のものがいいかなと思って探していたのだけれど、ぴったりくるものがあったので旅先で見つけた砥部焼のものを衝動買い。

さっそく、水菜とメンマを乗せ、たっぷりの白ごまを散らした冷製ラーメンを作って食べたのだけれど、今までのどんぶりとちがって口が広いので、よそう量が少なくてもきれいですてき。

上の写真は、そのときいっしょに買った同じシリーズの豆皿。豆皿にしては少し大きめなので、こじんまりと切り分けたケーキや、スコーンなんかはぴたっとはまるサイズ。

ぜんぜん色を選べず、以前気に入って使っていたお茶碗が、同じものを探しているのにずっと見つからないので、一期一会だ……! と思って、レッドとブルーの両方を1枚ずつ購入した。

https://www.instagram.com/p/ByJ5Qd4HpR5/

ブルーも素敵。

ぐるっと周り全体が花柄だとちょっと甘すぎるので、このストライプが入っているのがちょうどいい。とはいえ、ブルーのほうはそれでもちょっと絵本ちっくなかわいさがあるかも。

かわいい醤油皿がほしいなと思って購入したものの、意外と大きさがあるので、今のところはふつうに小皿として使っている。

そして、特に必要だったわけではないのだけれど、旅先の散財欲もあいまって、同じラインのマグカップも買ってしまった。

https://www.instagram.com/p/ByJ5JaknuW2/

ぽってりと丸く、背が低くてかわいい。なぜかこれで飲むのはブラックのコーヒーだよな、と決めて買ったので、まだ使わずに出番を待っている。

写真だと加工してしまっていて質感が伝わらないのだけれど、ここの砥部焼は、どれもちょっとざらっとしていて、それがとてもかわいい。

 

どちらのだろう、と帰って調べて、びっくりした。

今回手に入れたのは、すべて、『すこし屋さん』*1という窯元のもの。家に帰って、1つだけ残っていた件のお気に入りのお茶碗をひっくり返してみたら、今回買ったものと同じマークがついていた。

なるほどー。道理で琴線に触れまくるわけだ。ずっと、こちらのお茶碗を探していた。

残念ながら、今回の店頭ラインナップには、割ったものとまったく同じものはなかったので、お茶碗は買わずにいたのだけれど、次、どこかで出会ったら柄違いでもよいから今度こそ買い求めよう。

https://www.instagram.com/p/ByJ5FTUnQRW/

こちらの砥部焼があると、 家でちゃんと生活をしたくなる。

コーヒーを淹れたくなるし、コンビニのお菓子じゃないおやつを食べたくなるし、麺料理やどんぶりも、少し彩りを考えたものをちゃんと作ろうかな、と思う。

気にいると一気に似たようなものを揃えてしまう癖はまだなかなか収まらないけれど、こうして少しずつ、思いもかけぬタイミングで揃っていくのも楽しいなと思った5月の旅行だった。

次は、いつなにが増えるだろう。

 

 

1つ減って、2個増える

器のこと。

買ったり割ったりまた買ったりを繰り返しながら、少しずつ自分で選んだものが増えていく。

こちらに来てすぐに揃えたものは両親と選んだものだし、結構多いのは、祖父母からもらったもの。そして、祖父母からもらったものは頑丈なのか、ぜんぜん現役で使えるとはいえ、きれいな色のものを見るとつい追加したくなってしまう。

この間は、2つセットで買ったのに、早々と1個割って、どうしようかなぁと思っていたグラスを、ようやく書い直した。

https://www.instagram.com/p/ByJ5bp4Hxyx/

1つでいいのだけれど、つい2つまた買ってしまった……。前回はブルーとグリーンだったので、今回はブラウンとブルーを。

アースカラーと説明されていたけど、たしかにガラスなのにアースカラー。ふしぎだ。

この写真ではだいぶ明るく写っているけれど、実際にはブルーはもっとくすんで大人な色味。

同じ色のはずなのに、今、家にある一代目はこの写真くらい鮮やかなブルーに変わっているので、かぶらないしいいやと思って買い足した。

https://www.instagram.com/p/BiY5KcDFRVa/

ソーダを入れてもきれいだし、単に水を飲むのでも、このグラスだとなんだか楽しい。

現実感があるフォルムのせいか、少し重い素材だからか、このグラスで1杯冷たい水を飲むと、なんだか一日が始まるぞとしゃっきりした気落ちになる。

グリーンはぐっと淡い色で、一時期はよくバナナスムージーを作って飲んでいた。

ちなみに、割ったのはこちらの色。

https://www.instagram.com/p/Bdh1VKqgK0p/

こちらを買そのままい直してもよかったのだけれど、前回気になって買わなかったブラウンと、それに並べたときのバランスがよかったのでブルーにした。

実家にいたときも、東京に来てからも、家で使うグラスはずっと透明なものだったので、もうこのグラスを使いだしてから2年になるはずなのに、いまだに新鮮な気持ちになる。

いつかは、透明で華奢な薄いグラスが欲しくなる日がくるのかもなぁと思いながら。

今は、ごくごくとこの現実感のあるグラスに水を注いで行きていく。

 

 

いつか想像してた未来と今が少し違っていたって

令和。穏やかに新元号を迎えて、夢のようにのんびりとした日々を過ごしている。働き始めてから何回でも思うけど、休みが続いて飽きることなんてない。

なんだか2019年はお正月が2回やってきたみたいで、わくわくする。なにか新しくしたくて、チークを新調した。

https://www.instagram.com/p/Bw9cbq_AHl4/

手に入れたときには既に在庫限りという感じだったので、ずっと寝かせてしまっていたもの。YSLのクリームブラッシュ。

色は、No.9ベビードール。

わたしが実際に香水を身に纏える年齢になる前、ものすごく流行っていた、平成を代表する香水と同じ名前。あの香りのイメージと同じくらい、スイートなピンクで、手に取るとふわっとムースっぽく解けていく。

https://www.instagram.com/p/Bw9ciLtAHql/

YSLはゴールドがメインのパッケージが、ほんとにバブリーでかわいくて好き。またいつか、シルバーが好きになる年代が来るのかなと思うけれど、20代からずっと今のところは断然ゴールド派が続いている。

平成の最後はずっと、ラデュレのロマノフの秘宝みたいなポットに入った#04(くすんだパープルっぽい色味)を使っていたので、ぱあああっと春らしいピンクが頬に乗っているのが新鮮。

ラデュレもとても気に入っていたから、レフィルを買い足して、令和でもまた使うつもりではあるけれど。

 

そして、その流れで(?)、大晦日にはできなかった断捨離をしてみた。はー。平成最後に何をするかずっと迷っていたのが嘘みたいに、これしかなかった! という達成感。

一番の成果は、平成をいっしょに楽しんだ服で、もうぜったいに着ないであろう……というものを処分したこと。

判断基準は明確で、好きだけれどもうくたびれてしまったもの、それから今年の秋冬一回も袖を通さなかった秋冬もの、そして気に入っているけれどもう丈が短すぎるもの。いろいろやりやすい基準はあるだろうけれど、わたしにとっては、「丈」がけっこう画期的だった。

 

令和最初の外ごはんは、牡蠣。

https://www.instagram.com/p/Bw9cVbLgwzF/

新しい時代は、守りに入るよう攻めようと思って……というのもあり、そもそも平成中にしておきたかった牡蠣でおなかをいっぱいにするというのを、やり残していたということもあり。

他にももうひとつ、平成にやり残していたことを達成できて、令和1日目は平成の後始末をするような1日だった。

それにしても、物心ついてから20年くらいは平成があったわけだけれど、ちっとも決心がつかなくてできなかったことが、こうやってするりとできたりするわけだから、元号が変わるってやっぱりすごいことだな、と卑近な感動をしている。

新しい時代が、穏やかな春の日のようなものになりますように。

 

ほんとうに平成のラスト一時間は何をしようかな、と思って、子どものころに大好きで、大人になってから改めて買い求めた本を読んで過ごすことにした。

https://www.instagram.com/p/Bw4dhoLg7L8/

おちゃめなふたご』と『霧のむこうのふしぎな町』の2冊。

ブログの説明文に引用している「いつか想像してた未来と今が少し違っていたって」は、ものすごく大ファンというわけではないけれど、世代であるV6の一番歌詞が残っている歌。

この本を読んでいたときに描いていた未来と、「今」が少し違っていたこともあった。でも、いろいろあって、その未来よりも良い「今」に辿り着いている気がする。

新しい時代にも、またこの歌が身に沁みる季節があるかもしれないけど。あんまり焦らずに、のんびり進んでいこう。

 

まいにちチョコレート

季節は飛んで、バレンタイン。

今年は数年ぶりにありがとうを伝えるためのチョコを何個か買った。ここ数年は、その文化がないのをいいことに、自分用のチョコだけ物色して終わっていたイベントだけど。

恋人には、オランジェットを。ふらりと入ったお店で見つけて、シックなパッケージもあいまってとても素敵だったので、即決だった。

そして、わたしもチョコをもらった。

https://www.instagram.com/p/Bt7oFlAgBEF/

ロイヤルブルーがきれいなヴィタメールのもの。

ルタオのロイヤルモンターニュがとても好きなのだけれど、同じピラミッドの形だったから、と。

https://www.instagram.com/p/Bt7oIiOAr7-/

どれもお酒が入っているみたいで、中のガナッシュがとってもおいしい。アルコールもチョコレートも好きだけれど、齧るととろっと中からアルコールが液体やジュレで出てくるタイプのものは少しだけ苦手なので、今度からこれを食べよう。

チョコレート色とレッドとのグラデーションになったやつが、いちばん好み。見た目もとても綺麗。

毎日一粒と決めて食べるのも楽しい。

去年の方がチョコはたくさん買ったなぁ。いろいろブランドものも買ったけど、いちばん覚えているのはD.BARBEROのトリュフチョコレート ローズ。

https://www.instagram.com/p/BgYjFuzBFCs/

ピンクの缶がとってもかわいくて。

ホワイトチョコ×ローズというとっっってもファンシーな味もかわいかった。甘いものが苦手な人はぜったいに無理だろうというがつんとした甘さだったけれど。

それから、もっと買えばよかったと後悔したChocolat du Cimaのマドレーヌ。

https://www.instagram.com/p/BgLQT1rBJly/

今年も買おうと思ってたのに忘れていた…!

ちなみに、去年どこかに置き忘れてしまってとっても残念だったチョコが一つあり、それは今年一年越しに無事購入した。別にいつ買ったっていいんだけど、それじゃあなんだか悔しくて。

今週末、一年越しの味をゆっくり味わうつもりだ。

 

いまさらな記録

あけましておめでとうございます、というのも間抜けなくらい絶賛進行中の2019年。

昨年は前半怒涛、後半は久しぶりに少しゆったり、そしてまた最後だけ怒涛という感じの一年だった。年々、古い年と新しい年の境目が曖昧になる。

2019年はものすごく久しぶりに眠って迎えた。早い時間にお蕎麦を食べて、温泉へ行って。ふわりと意識がなくなって目が覚めたらかなり深い時間のCDTVだった。

今年も元旦に飛行機で帰省。午後にしたので、とってものんびりしたスタート。

ブラウンのたっぷりとしたタートルネックにダウンという重装備だったので、空調の行き届いた空港では暑くて、今年初ソフトクリーム。

https://www.instagram.com/p/BtavHukgJL9/

そういえば去年も食べたなぁ。昔ながらのコーンに入ったものもあるし、ワッフルコーンに入ったものあるけれど、2年連続でこのカップに入ったものに。

お昼ごはんを食べていなかったので、大好きな天むすも買って機内へ。

地元のお正月は、年々のんびりと無理をしないものになる。初日の晩は恒例のすき焼き。父も母もおせちがそんなに好きではないので、わたしとしてもありがたい。特に遠出もせず、しずなに過ごす。

2日目はこちらも恒例の金毘羅さんへ。

ものすごく混んでいてアトラクションのように、人数を区切って進まされるスタイルだったため、例年にくらべてまったく疲れずに上まで登れた。いい天気。ダウンを着ていたら汗ばむくらいだった。

途中でこちらも恒例のうどん。

https://www.instagram.com/p/BtavEpfA7GP/

レモンをきゅっとしぼって食べるうどんがほんとうに好き。

東京だとお蕎麦の方が圧倒的においしいので、すごく久しぶりに食べた気がする。冷凍うどんとかだと、ぜんぜん東京でもおいしいから、今年はもう少し定期的に食べよう。

今年はじめてのコーヒーも、ここで。アカボシ珈琲さん。

https://www.instagram.com/p/BtavAHvgKYW/

カフェハニーオレンジ。毎年これ。オレンジ味のコーヒーが好きで、コーヒーチェーンでも季節限定フレーバーで出ると飲んでしまうのだけれど、ここのはほんとうに理想的な味。

今年も一年クリアな気持ちでがんばれそうな気がする。

ちなみにこの日の晩ごはんもすき焼きだった。みんなで祖父母の家を訪ねて。すき焼きなら毎日でもいい。その前に1時間だけ初売りに参戦して、怒涛のショッピング。母が楽しそうでよかった。わたしも楽しい。

3日目は早起きして、もうひとつの祖父母の家に。思いもよらぬ大所帯で会食感の出た昼食に若干圧倒されつつ、おいしい和食を頂く。

最終便で東京へ。恋人が空港まで迎えに来てくれて、きんきんに冷えた展望ロッジを散歩して帰った。

https://www.instagram.com/p/Btau0isgLpc/

東京タワーとスカイツリーがいっぺんに見られて、なんだか新年からおめでたい光景。

とっても寒かったけれど、その分、信じられないくらいきれいに星空が見えた。本格的なカメラを持っている人もいて、にぎやかな夜の展望台。

晩ごはんは空港でカレー。お店を見たらどうしても食べたくなって。おせちを食べあきたわけでもないお正月なのに。

ごはんを食べた後、もう少しなにか見たいなと思って、国際線ターミナルで途中下車した。

たしかできてしばらくしたころに、最終便で帰ってきたらそれが大幅に遅れて、電車で帰れなくなったときにカフェで夜を明かしに来た以来。あれがもう7年前のことなのか……。

そのときはこんなだったっけ? と思うくらい、にぎやかで豪華な空港にびっくり。

https://www.instagram.com/p/Btauxocgx6r/

ここに来るだけで日本に旅しに来た〜というのが満たされる感じ。ごはん街もとっても楽しそうだった。こういうにぎやかな和テイスト、おもしろくて好き。

今年はいろんなところにフットワーク軽く行ってみよう、という決意をしながら、人の少ない電車に揺られて家に帰る。

 

 

赤と緑とゴールドと

今年最後の3連休。2/3が終了。さみしい。

今年は家に缶詰状態なので、数年ぶりにゆっくり連日の全日本の放送をリアルタイムで観た。

それから読書。新しいものを読む気力はなくて、毎年再読しているけれど、今年はまだ読んでなかったなというものを、かたっぱしから読んだ。

『有限の微小とパン』、『神様のボート』、『ねじまき鳥クロニクル』、『ノルウェイの森』、『TVピープル』。エトセトラエトセトラ。なんというか、意識がふわふわとしていてもはや反射神経で読んでいる感じ。いっそ館ものとかを読み直せばいいのかもっしれない。

今日はなんとなくTVをつけてみたけれどおもしろくなくて、しかたないので静かな部屋でキャンドルを灯して、また本を読んだ。

https://www.instagram.com/p/BrtzQIPgloM/

グリーンのデザインがかわいいキャンドルは去年のノエルBOXに入っていたもの……と思い込んでいたら、一昨年のものだった。時の流れが早すぎる。

そういえば、今年のBOXデザインもかわいいけれど、2016年のBOXは本当に好みだったなぁ。今も書斎に飾ってある。さすがにこれだけ続けていると、BOXもすべて残さずに断捨離するようになったので、その中でも収納に使わずに飾ってあるものは、結構なスタメン扱い。

ちなみに今年のBOXはこちら。

https://www.instagram.com/p/BrZVY9VAjiv/

はじめてのブック型で、こちらはこちらでとってもかわいい。これこそ、書斎の本棚行き間違いなし。

差し迫ってやらねばならないこともないし、それをしがてら早めの大掃除を始めてもよかったけれど、ごはんを作り洗濯物をし……と3連休の内の1日半を過ごした今日のお昼、もう一度、洗濯物を干していたら、「家事をして今年最後の3連休が終わる」と思うと無性にバカバカしくなって全部やめにした。

キラキラしなくてもいいけれど、あくせくはしたくない。

晩ごはんにアヒージョを作るつもりだったのも、明日に先送り。

ちはみに、昨日のブランチは、今年たぶんいちばんたくさん食べたハンバーガー。晩ごはんは、とろろとおくらをたっぷりかけた海鮮丼。今日のブランチはスクラブルエッグとマフィン、晩ごはんは今年見つけたここ最近ではいちばん好みのラーメン。

3時のおやつは、バスク風チーズケーキ。

https://www.instagram.com/p/Brt6tPhAY0J/

これこれ。チーズケーキは好みのものと好みじゃないものが激しいのだけれど、これは子どものころ、お菓子作りがすっごく得意な友だちが作ってくれたのと同じ味。まったりしていておいしい。

チーズケーキを食べながら、映画を2つ観た。

ラブ・アクチュアリー』がなかったので、数年ぶりにこちらを。 

それから、1は秋口に観てしまったので、2の方を。

ホーム・アローン2 (字幕版)

ホーム・アローン2 (字幕版)

 

もうホームでアローンではないけど、クリスマスにホテル住まいってそれだけで憧れるシチュエーションなので、わたしは2も好き。そして、これをかけると何度目でも恋人が必ず「鳩のおばさん好きだよ」というのでおもしろい。

そんなわけで、ミニマムにホリデーシーズンを感じながら24日がやってきた。

とりあえず、イヴのスタートとしては、本棚の端にこれを見つけたので、眠くなるまで読むつもり。

クリスマスのフロスト (創元推理文庫)

クリスマスのフロスト (創元推理文庫)

 

すっかり筋を忘れているので、きっとはじめてのように楽しめるだろう。

 

PIZZA!

年の瀬。忙しいような、もはやそれがふつうでさほど忙しく感じている暇すらないような。年内にしなければということを書き出していると、少しぞっとする。

週末は土曜日がともかく大変だったので、日曜日はひたすら自堕落に。晩ごはんも、デリバリーのピザ。

https://www.instagram.com/p/BrQX9oDA2ZS/

ものすごく久しぶりにドミノ・ピザ。チーズバーストというチーズまみれの生地が食べてみたくて。うっかりLサイズを頼んだせいで、結局半分くらいは翌日のジャンクな朝ごはんとなった。

もちろん焼き立てで届くのだけれど、どんどんチーズは冷えるので、こまめに焼戻しながら食べるのがぜったいにしあわせだと思う。

次は生地全体に薄くチーズが引いてあるらしい、ミルフィーユを頼んでみようかなぁ。そのときはおとなしくMサイズにする予定。そして、大好きなポップコーンシュリンプを頼む。

大人になると、思い立ったときにすぐにピザを頼めたりして、気楽なもんだなと思う。子どものときには、とっても特別なときにしか頼んでもらえなかったけど。自分を甘やかすためだけに、さくっとオーダーすることができる。

そもそも急にピザが食べたくなったのは、数年ぶりにこの映画を観たから。 

『アップタウン・ガールズ』といい、わたしは年齢差のある大人と子どもがバディっぽくなる映画が好きなのだけれど、これはラストもきちんと清々しくっていい。

本編にはぜんぜんピザは出てこず、エンドロールに入る手前で、街を見下ろしながら主人公が食べている大きなスライスのピザがおいしそうで。この映画はオープニングとエンディングがおしゃれな演出でそこも好き。

全編通して、あんまり主人公のファッションはかわいくないけれど。

 

今日は帰ってすぐこてんと眠ってしまって、変な時間に目が覚めた。

こたつはまだ導入していないのだけれど、ここ数日の寒さにかけぶとんをリビングに持ち込んで、カーペットの上に広げてソファーにもたれ、がんがんにエアコンをかけていると、もはやほぼこたつ。それでTVをかけると、びっくりするくらいすっと眠ってしまう。

先週末は、ずっと我慢していたヒーターも出した。確実に冬が深くなっている。

寒くなって急激に欲しくなったものといえば、Amazonサイバーマンデー記念発売品のStaubミントカラーもそう。 

かわいい……けど、今度は大きめのサイズがほしいので、ちょっといいお値段。最近またひとつお鍋を割ったので買っても良いかなぁ。

ただ、同じミントカラーでより淡い色味と、持ってない調理器具ということで、BRUNOのホットプレートも気になっている。卓上の電気鍋も欲しいし……。

もちろん、ボーナスが入ればぜんぜん合わせて買えるレベルの出費ではあるものの、こういう買い物がいちばんわたしは慎重になってしまう。ふしぎ。

 

本は寒い週末になると読みたくなるこちらを、ちまちまと。

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 上巻 (新潮文庫 む 5-4)

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 上巻 (新潮文庫 む 5-4)

 

なぜか、きんと冷えた空気が似合う気がして、冬になると毎年読む。逆に、その他の季節はぜったいに手に取らない上下本。

思い立って夜中に衣替えをはじめ、ようやく完了させたので、明日からは暖かい格好で生きていけるはず。明日も早いし、どう考えても寝たほうがいいのだけれど、もう少しだけ本を読んでとろとろと起きていたい気もする。