読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ときどき晴れのくもり空

いつか想像してた未来と今が少し違っていたって

ひたすら、可愛い

perfume
この記事*1で書いていた、「ずっと欲しかったけれど手が出なかったもの」の話をしたいと思う。
 
f:id:uknowwatimean:20131108223425j:plain
 
一時期、いちばんよく使っていた香水がフェラガモの「サブティール」で、*2、この「シニョリーナ」が出たときもいいなあ、と思っていたのだけれど、美容雑誌でこのフォルムを見たとき、興奮しすぎてしばらくその写真を眺めていた。
 
しかし、2gで約7,000円という、トワレなら30mlが手に入るお値段*3に、現品を買うことは完全に諦めていた。
 
なのでぽんっと何の気なしに「いる?」と聞かれたときの、「いいいいいいいいっいいんですか!?」という衝撃と言ったら。先週でいちばん高い声を出していたと思う。結局、使わないからいいよ、ということで譲っていただいてしまった。
 
f:id:uknowwatimean:20131108223442j:plain
 
どきどきしながら、いざ開封。
 
f:id:uknowwatimean:20131108223620j:plain
 
実物は覚悟していた以上に、それはもう、ひたすらに可愛かった。
 
もとの、ボトルの上に、ちょんっと乗っているグログランリボンも素敵だったけれど、このほとんどリボンがメインなビジュアルは、ちょっと反則級に可愛い。
 
手のひらに乗せると、想像以上にしっかりした重みがあって、淡いピンクと チェリーピンクが映える金色もとても綺麗。眺めているうちに、ものすごく満足してしまって、結局その日は香りを確認するのを忘れてしまった(!)というオチ。

*1:happy merry weekend! - *はねうまかいざー*

*2:これはまた別記事で

*3:練り香水って、こんなにどれも高いものなのかなあ……。