読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ときどき晴れのくもり空

いつか想像してた未来と今が少し違っていたって

眠たげな電車

life book murmur

大騒ぎしておべんとうを作って、うっかり各停に乗ってのんびり高尾山口に向かっている。

どこかで乗り換えてもよかったのだけれど、窓から見える景色がことごとくのどかで、急行に乗り換えるのをやめにした。

 

眠たげな電車に乗ったときの常で、『ホリーガーテン』を思い出す。

ホリー・ガーデン (新潮文庫)

ホリー・ガーデン (新潮文庫)

 

 

この本の中で、主人公の片割れの果歩は、よく電車に乗って遠足に行く。早起きして、おべんとうを作って。

 

 

おべんとうといえば、なんと片栗粉の買い置きがなかった(!)というアクシデントにより、おべんとうのメインは急遽、からあげからハンバーグに変更となった。

 
からあげは、今日のばんごはんにスライドさせることに。後は衣をつけて揚げるだけ、という状態でそっと家に置いてきた。
味が染みて、きっと美味しいだろう。怪我の功名、と思うことにする。
 
 
いつも乗らない線に乗るのは、面白い。
 
京王線の各停は、休日なのに人はちらほらとしかいなくて、外の景色ともあいまって、ものすごくのどかである。
 
とても休日らしい時間の流れ方。
 
どんなに覚悟をしていても、休日は毎回圧倒的に楽しくて、わたしはくらくらしてしまう。