ときどき晴れのくもり空

いつか想像してた未来と今が少し違っていたって

BE MY UNIVERSE?

年末になると、インスタの写真を見返して、「あれもこれもまだ書いてない」と焦るのが恒例行事になりつつある。

もういったいいつの話かしら……というのはしばらく置いておいて、とりあえず最近あげったっきりほったらかしにしていた日々の記録を、ちょこちょこと。

ものすごーく久しぶりに、ETUDE HOUSEのコスメを買った。

2017年のホリデーコレクション、"BE MY UNIVERSE!"のマルチパレット。久しぶりすぎて、決めきれず2個買い。

https://www.instagram.com/p/Bbqu4f0grMy/

今年も何かクリスマスコフレを買おうかな、と思ってコフレと限定品のまとめを見ていたら、シックなデザインが多い中でこのがちゃっとした派手派手しさがぱっと目を引いて。

左側が#01 ピンクギャラクシーで、右側が#02ゴールデンギャラクシー。

セーラームーン世代としては、惑星をかわいく落とし込んだデザインは、それだけ無条件に手が伸びてしまう。

パッケージだけでいうと、派手派手で単純にテンションが上がる#01は本物を見ると、さらにぎらっとパリピな感じで、それが今っぽくてとてもかわいく。

でも、個人的にはぱきっとしたネイビーに派手な色が散らされている#02の方が、しっくりくるかわいさで。

迷ったあげく、もう大人なので、迷ったらどちらも買うことにした。

#02も、ちらちらとラメが入った色が使われていて派手になりそうなのだけれど、ネイビーにゴールドという配色がシックで、大人っぽくてかわいいコンパクト。

https://www.instagram.com/p/Bbqu1TqAG4l/

ぱぁっとテンションが上がるというのとはちがう、ちょっとした遊び心を忘れない感じのかわいさで、かなりツボ。

買うまではてっきりアイシャドウパレットなのだと思っていたのだけれど、買った後に調べてみたら、フェイスカラー1色&アイカラー6色のマルチパレットだった。

ひとまわり大きなものがフェイスカラーで、名前が#ゴールドプラネット。

ハイライトとして使えるもので、控えめな発色で大人っぽい。

https://www.instagram.com/p/BbquyiiAC3S/

ほかはアイシャドウなのだけれど、どれも色名がかわいくて、それだけでもときめく。

#ジュピターに#マーズに#プルートに。#グラビティという名称も好き。

#マーズと#プルートは、かなり使い勝手のいいそれぞれタイプのちがうブラウンで、この2色のどちらかを使えばぱっといい感じのブラウンメイクが完成する。

ブラウンシャドウは、ずっとルナソルのスキンモデリングアイズの#01を使っていて、それはもうたしかに名品中の名品なのだけれど、あれはとてもコンサバティブな発色と質感なので、少し強さやキャッチーさを出したいときはこちらかなぁ。

少し前にToo Facedのアイシャドウパレットがなくなるまでは、気持ちカジュアルな気分のブラウンはそちらに頼っていたので、その役割を担ってもらえそう。

Too Faced、デザインがおもちゃっぽくて好きなブランドなのだけど、なかなか日本では手に入らないのだよなー。

 

そして#01の中身はこちら。

https://www.instagram.com/p/Bbquv8UA_lp/

買ったときには、「ぜったいに#02の方がよく使うだろうな、こちらはちょっとキャラじゃないパッケージも含めて、観賞用かな……」とぼんやり思ってた。

でも、実は、今現在だんぜん、毎朝こちらに手が伸びている。

ひとまわり大きいピンクのところが、#02とちがって少し淡めだけれどチークとして使えるので、こちらだと朝の身支度がちょっと楽、というのもあるだけれど、そのチークの下、ちょっと派手な赤のアイシャドウがとてもよくて!

#レッドワームホールという色名で、かなりはっきりとしたボルドーに発色する。細く引いたらアイラインの代わりになるくらい、くっきりした発色。

いちばん上の赤みがかったダークブラウン#アンドロメダに、真ん中の#タイムワープにと、はっきりした色の方がパンチが効いてて、とてもかわいい。

#タイムワープは、『ロッキー・ホラー・ショー』を観に行ったときに、はじめておろしてつけてみたけれど、色番がかわいいとそういうこともできてたのしいなー。

繊細な発色はやはり、粉質がいいものに分配が上がるものの、薄い分には重ねればいいので及第点。

ちなみに、チークの色名は#ピンクプラネット。どれもこれも、名前までしっかりかわいい。

https://www.instagram.com/p/Bbqu_B6ANmw/

使い終わってももう一度、箱にしまってずっと置いておきたいくらいツボなパッケージ。

その中に、時代感あふれるキャッチーな色がつまっているのが#01で、いつも使う色でほんのちょっとだけ冒険したいときに最適な色が揃っているのが#02かな、というのが個人的な感想。

いつも使わないブランドのコスメをざぁっと見られるので、この時期のコスメ雑誌とコスメ特集はやっぱりたのしいなぁ。

とはいえ、とりあえず、満足したので、コフレは今年はおやすみでもいいかな、と思ったりしている。