読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ときどき晴れのくもり空

いつか想像してた未来と今が少し違っていたって

Saved the LAST KISS for me?

秋は、プライベートな時間があまりなかったわりに、細々といろいろなものを観た気がする。

舞台を3本、LIVEを2本、映画は駆け込みで『エベレスト』の1本だけ。もはやいつ読んだのか覚えていない本も、数えてみると秋だけで、10冊以上は「今年読んだもの」のリストを更新していた。

 

LIVEは、どちらもアイドル絡み。

10月終わりから11月頭は、なんだかAKBづいていて、ハロウィンLIVE*1の数日後には、『French Kiss Live~Last Kiss~』に参加してきた。

https://www.instagram.com/p/9xsCZpr5fh/

それが何にせよ、わたしは「卒業公演」や「ラストLIVE」と言ったものに立ち会ったことがなくて、一度、“最後”というものをきちんと観てみたいものだなあ、と思っていた。

そんな中、フレンチ・キスが解散LIVEをやるらしい、ということ自体はどこかで知っていたけれど、チケットを探すまでのバイタリティはなく、なんとなく覚えていただけだった気がする。

ところが、ダンス・オブ・ヴァンパイア』のチケットを発券すべく開いた、eplusだかぴあだかで一般発売をやっているのを見かけ、「ここで買えるんだ!?」と驚いた次の瞬間にはポチっていた。*2

それにしても、平日の夕方18:30開演、しかも場所はさいたまスーパーアリーナ……とどう考えても普通の勤め人には辛い設定。

なぜ! と慄きながら当日を迎え、結局、ぎりぎりになんとか会場までは辿り着いたものの、チケットに印字されていた席にはたどり着けず、歩きながら、中で幕が開いたのを聞いた。

 

というのも、もともとは300レベルで観るはずだったのが、機材席としてその場所が使われるようになったため、アリーナに席が変わることに。

そんなビギナーズラックを地で行くようなことがあるのかしら…! 新参者なのに申し訳ない……! と大混乱しながら、アリーナ席で最初で最後のフレンチ・キスを堪能させてもらった。

いちばんAKBを観ていた当時に派生ユニットも、もちろんいちばん齧ってはいたわけで、 その当時に出た新曲がフレキスでもいちばん聴いたもの。

最初のメール タイプA初回盤 【初回生産限定】

最初のメール タイプA初回盤 【初回生産限定】

 

その『最初のメール』も聴けるといいなあ、なんてぬるいことを思いながら行ったら、なんと全シングルをフルサイズでやるという、ラストLIVEの意味をきちんと理解した誰かの想いがこもったステージ内容になっていた。

以下、自分の備忘録としてセットリストを。

  1. If
  2. ある秋の日のこと
  3. 口移しのチョコレート
  4. 最初のメール
  5. ロマンス・プライバシー
  6. カッコ悪いI love you!
  7. ドラゴンフルーツの食べ頃
  8. Rainy Day
  9. 世界の涙
  10. あなたと私(柏木由紀嬢ソロ)
  11. 2人だけの記憶(高城亜紀嬢ソロ)
  12. 向日葵(倉持明日香嬢ソロ)
  13. 君なら大丈夫
  14. ずっと前から
  15. 思い出せない花
  16. あまのじゃく
  17. 前を向いてる君
  18. サヨナラをあと何回…

結局、ほんとうに、ほぼすべてフルサイズかつ生歌だった。

ダンスもしながらだったので、メンバーによっては、苦しそうなところもところどころあったけれど、それも含めて非常にアイドルらしい良いLIVE。

 

ミドルテンポの曲が好きなので、もともと派生ユニットの中では好きなメロディのものが 多かったことを再認識し、*3何よりも、改めて全員が好きな声質だなあと。

それぞれ違いはありながらも、少し細めの柔らかく甘い声。

上手いに越したことはないけれど、アイドルの歌は何よりもまず、「声」だと思う。聴いていて心地よい甘さがあれば、もうそれだけで耳がしあわせになる。 

衣装も、曲も、ダンスも、すべてがかわいい『ロマンス・プライバシー』なんて、その最たるもの。曲に寄り添うように爽やかに甘い声が心地よくて、ずっと聴いていられる、と思った。 

全体的に、しっとりとした『Rainy Day』からの流れに象徴されるように、それぞれのソロも含めて、だいぶゆったりとした、それこそ「ミドルテンポの」LIVE。

アイドルのLIVEって、ずっとテンションあげっぱなしだろうからついていけるのかなあ……と不安になっていたのが嘘のように、居心地のいい温度感でほっとした。

 

ただ、実はあの日のLIVEでいちばん印象に残っているのは、そんなふんわりとしたセットリストの中、カッとそこだけライトが熱くなったような『向日葵』のパフォーマンス。

あのユニット愛あふれるセットリストだったからこそ、効いていた、というか。

改めて歌詞を聴くと、既に卒業して、一度この大観衆の声援を失った人が、それでもまた「きれいにさよならを言う」ために、一晩だけ戻ってきた気持ちが歌い上げられているようで。

アイドルとして最後に歌うソロは、この流れの中でもこの曲がよかったのね、と思うとなんだかグッとくるのがものがあったなあと。

自分の人生についても、不意打ちで考えてしまったり。

 

会場には意外と女性が多く、ユニット名の効果か、ライブグッズもかわいい。

子どもの頃、『セーラームーン』ごっこに使ったようなサイリウムも可愛かったけれど、もう少し実用性のあるものをとさすがに自制心が働き、冬の部屋着にしようとついついパーカーを買ってしまった。

https://www.instagram.com/p/9ybZFPL5fU/

女の子らしいけど、ごてっとしたかわいさではいユニットらしい、すっきりとしたデザイン。(なのにサイズが大きいものしかないのが、ちょっともったいない気がする)

他にも、さわやかに甘い、この日のLIVEを象徴したようなデザインのグッズが並んでいた。

 

それにしても、それ以外ほぼAKB本体の曲はなくて、ユニットの歴史をきっちりとふりかえる内容だったのは、改めてすごいなあと思う。

加えて、空中(それもそんなに高くない位置)に花道が浮いているというのは、スカートの中が気になるのでちょっとなんだなあとは思ったけれど、どの席でもアリーナ最前ブロック気分をLIVE中の何割かは味わえる特設ステージの組み方は、単純にすごい。

「綺麗ー!」と声をかけたら拝む仕草をするもっちぃ。ともかくレスが丁寧かつ、バラエティに富んでいる。

緊張しているらしく、いっそひたむきな姿勢で歌った自分のパートが終わると、途端にパッと花が咲いたように笑って、手を振るあきちゃ。

そして、目が合うとウインクをして、指さしながら「自分だけに歌ってるのでは!」と思わせるゆきりん。わたしはアイドルを演じているアイドルが好きなので、とても楽しかった。

……と、3者3様のレスがとても面白く、「アイドルのLIVEってたのしいわ…!」と思わず一般論化してしまう威力があった。

 

これ以上きちんと作るのは不可能だろうというくらい、丁寧に編まれたセットリストと「会いに行ける」ステージの設営で、なんというか、割とメモリアルLIVEのイデアみたいなものだった気がする。*4

https://www.instagram.com/p/9ybHp0r5eu/

グッズレジのレシートまでかわいくて、元気がないときはそりゃあアイドルでしょう、という気持ちになって、午後22時の横浜を後にした。

そして改めて思ったけれど、「あんまりまだ観たことないけれど興味はある」というものにはまらせるなら、席と言うのは非常に大事ですね……。わたしも、次に自分の趣味に誘う時には、特等席を用意しようと心に誓った夜だった。

*1:まるでタイムマシーン - *はねうまかいざー*

*2:思えば、最初に48系のLIVEに行ったのも、普通のチケットサイトでぺらっとTOPに載っているのに驚いて、反射的に買ってしまったNMBだったので、数年経ってもまったく同じようなことをやっている。

*3:というか、ファンが好きな曲を投票して決めるリクアワの効果は偉大ですね…

*4:ところで、客席にサイリウムの色をおねだりしているときに、あきちゃが何を思ったか今回の公式サイリウムにはない色を「みどり~!」と口走って。

反応の良すぎるお客さんが瞬時に緑をてらしたら、ゆきりんに「それチームKのためのやつじゃん! みんな持ってるの!」と全員叱られたのが、たぶんあの日のハイライトだったと思います。