読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ときどき晴れのくもり空

いつか想像してた未来と今が少し違っていたって

My Cheesecake Nights

昨日の夜、チーズケーキについて思いを馳せたせいで、今、おいしいチーズケーキが猛烈に食べたい。

チーズケーキは、すべてのケーキの中で、もっと堅実なケーキだと思う。多くの場合、クリームもフルーツもチョコレートものっていないし、工程もただ材料を混ぜて焼いて、冷やすだけ。素材と作り手の技量頼みのそっけないケーキである。

http://instagram.com/p/n2WcPLL5R4/

だからこそ、ほんとうに「おいしい」と納得できるものに出会うのは難しい。

わたしにとって、ケーキにはなんでも許せるというタイプのものと、名前はそのケーキでもこうじゃなきゃ嫌というタイプのものと2種類あって、チーズケーキはどちらかというと、後者に入るケーキである。

たとえばショートケーキ。生クリームとスポンジと、それから苺。この成分さえそのままであれば、だいたい許せるし、食べたくないとは思わない。わたしはあまり苺にこだわりはないので*1、フルーツは苺でなくたってかまわない。

メロンのショートケーキなんかは、この季節に淡いグリーンが白に映えて、見た目が涼やかだしすっぱいメロンはないしで、むしろ好んで食べたいくらいである。

チョコレートケーキに至っては、それがガトーショコラだろうと、フォンダンショコラだろうと、中から木苺のジュレが出てくるムースだろうと、いつでもなんでも食べたい。

 

そんなおおらかな気持ちの反対になるのがチーズケーキで、わたしのチーズケーキのストライクゾーンは極端に狭い。

スフレかレアかベイクドかと言われれば、断然、ベイクドチーズケーキ。でも、粉っぽいものは苦手で、できれば粉とそれ以外の配分が9:1くらいのものが望ましい。

スフレが苦手な理由ははっきりしていて、子どもの頃、たくさんのカットケーキがある中、下にぼそぼそのスポンジが引かれたスフレチーズケーキを取るのは、その日いちばん運が悪い子と決まっていたからだ。

パンの延長のような食感と、フォークもお皿もなくても、ぱくぱくと片手でつかんで食べられそうな堅実さが、ケーキという単語の浮かれ具合からは遠く思えた。

でも、一方で、学校帰りに買って帰る小さなホールのチーズスフレは、高校生のときの大好物だったのだからわからない。おやつとして考えるなら、ふわふわのスフレもおいしいのだもの。

http://instagram.com/p/ikeqgDL5Sa/

レアチーズをあまり選ばない理由は、たぶん、本当においしいものを見つけるのが難しいからな気がする。レアチーズの気分のときには、むしろティラミスの方が満たされる場合が多い。

これまで、かなりの確率で、ぺろんと一番上にかかっているゼリーのような膜はもちゃもちゃとしており、甘すぎるか酸っぱすぎるレアチーズ部分に混乱してきた。その上、一番底がへなへなのスポンジだったりした日には、心底がっかりした。

でも、だからこそ、たとえば「しろたえ」のレアチーズケーキなんかは、一度食べてみたいなあと思う。あれがおいしくなかったらレアチーズに絶望しそうなので、なかなか手を出せずにいるのだけれど。

 

そんな中で、ベイクドチーズはいちばん安定していて、そこがいい。どこで食べても適度にしっとりしているし、きちんとなめらかだし、焼き色が薄いものもそれはそれでレアチーズよりとしておいしく食べられる。

でも、チーズの味が濃すぎる、いっそワインと合いそうな配分のものは苦手、かといってほぼ生クリームの味しかしないチーズ風味のものはチーズケーキとは認められない、と細かな注文は止まらず、ほんとを言うと、これもお菓子が得意な友人が作ったものがいちばん好きだ。

何も過剰過ぎない、とても清潔な配分の、レシピ通りのチーズケーキ。

 

チーズケーキに限って言えば、なぜか海外のものの方がおいしいのも、他のケーキと違うところだ。それもフランスではなくて、アメリカやドイツの無骨なものの方がおいしい。

http://instagram.com/p/gqKEDSL5XD/

甘酸っぱく煮たブルーベリーはなくてもよかったけれど、ふらっと入ったカフェで食べたそっけない値段のものでも、とてもおいしかった。NYに行ったときに食べた「Cheesecake Factory」もさすがのおいしさだったっけ。

ぎゅっと詰まった、なめらかだけれど、雑にフォークを入れるとほろほろ崩れるような食感のものが好き。

 

でも、最近おいしかった2つが、どちらもベイクドじゃなくて少し驚いている。ひとつは一番上の写真の「Papas Cafe」のもの。スフレとベイクドのいいとこどりのような食感でおいしかった。

もうひとつは、いつ見ても行列している「Pablo」*2のもの。

http://instagram.com/p/qWtupfr5cQ/

先週の土曜日、たまたまエアポケットのように空いているのを見て、半ば衝動的に購入した。

チーズケーキというより、これはチーズタルトではないかと思うのだけれど、焼き加減のミディアムは、こちらはレアとベイクドがひとつで味わえて、たしかにホールで買って、2人で持て余すことはない。

あたたかい内に1/4、よく冷やしてから1/4、それぞれ食べたけれど、2人とも俄然冷やした方が好みだった。*3

http://instagram.com/p/qWtzmJL5cb/

後で訊くと、恋人はどうやら長いこと、「大人っぽいから」という理由でレアチーズが好きだったらしく*4、レア部分がきゅっとしまった冷たさが気に入った模様。わたしはわたしで、だいたいにおいて、とろりとしたフィリングよりぎゅっと詰まっている方が好み。

これはこれでおいしかったけれど、どっしりしたものでお気に入りのものを早く見つけたいなあ、と思っている。

その堅実さから、いつもいつも一番に選ぶケーキではないので*5、意外と近場でおいしいものを食べ逃しているのかもしれない。2回に1回くらいは華やかなケーキを我慢して、そろそろ、マイ・ベスト・チーズケーキを探してみようかと考えている。

*1:酸っぱいものにあたると悲しいし。

*2:チーズケーキ革命!焼きたてチーズタルト専門店PABLO(パブロ)

*3:コンセプトを裏切るような感想で申し訳ない。

*4:個人的には、そんな理由で食べ物の好き嫌いを考えたことがなかったので、かなり斬新な指標だった。

*5:ケーキを食べたいときは大方、浮かれている場合が多い。