読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ときどき晴れのくもり空

いつか想像してた未来と今が少し違っていたって

色気を、縁取る

life murmur cosme

スケート女子*1の唇が、それぞれ個性的でとても素敵だったので、またリップアイテムについて書く。

http://instagram.com/p/mIjtoVr5fF/

平日の朝は、いつもばたばたとしている。

何度もリップアイテムが好きだ好きだと書いてきたけれど、だいたいの平日、わたしは毎日もう3分長く眠ることを選択してしまうため、家を出るときは唇はすっぴんであることの方が圧倒的に多い。

唯一、寝ぼけながら塗るとすれば、エスティローダーのピンクベージュ。

赤い口紅を探しに行ったとき*2に、なんとなくこれも、とつけてもらったら本当にきれいな使いやすい色で、いっしょに持ち帰ったもの。

後から、これがいわゆる「恋コスメ」と呼ばれているものだということを知り、なんだか納得してしまった。

 

そういうわけで、だいたいデスクにつく前にちゃちゃっと塗っておしまい、ということが平日の朝に関しては非常に多いため、譲っていただいたものの、ちっとも出番がないものがある。

それは、甘いお菓子の匂いがしそうな、ラデュレのリップクレヨン*3

http://instagram.com/p/j_vVCiL5VQ/

Lip Crayon #101 Aspasie

アプリコットベージュで、おまけにクレヨン型、ということで非常に使いやすいはずなのだけれど、どちらかというとリップライナーのような位置づけで使っているせいで、すっかり出番がない。*4

リップライナーというと、子どもの頃、お祭りでお化粧をしてもらったときの印象が強く、単語だけで、その後の筆で塗られるこっくりとした口紅の匂いや、練り歩く商店街のざわめきまでまるごとふわりと思い出す。

だからか、メイクをするようになって早8年だけれど、リップライナーは「大人のもの」だと思っていた。

 

でも、先日、少し余裕があった朝、いつも雑にぬっている件のエスティ・ローダーを、きちんと鏡に向かって唇にすべらせようとして、その前にそういえば、と思ってこのリップクレヨンを使ってみた。

そうして初めて、なるほど「縁取るとは……」という、その意味にようやく気付いたのだった。

ふわりと輪郭が立ち上がり、優しい色でも、いつものようにしっくりと肌になじむのではなく、唇がふっくらとして見える。 その結果、ピンクベージュという無難といってもいい色なのに、とても色っぽい唇になる。そして、なぜかとてもやわらかい素材の白いシャツを着たくなる。 

http://instagram.com/p/mIkEz9L5f0/

相も変わらず、朝はばたばたしているので、次に、いつ色気を縁取れるかはわからないけれど、 やっぱり「大人のたしなみ」だなあ、と思う。

清潔に、やわらかに色っぽく唇を整える、あと少しの時間と気持ちの余裕が、平日の朝にも持てるようになったら、もっと出番は増えるんだろうか。「大人」になりたいなあ、早く。

*1:何度スケートに泣かされれば済むんだろう。素晴らしかった……。

*2:いつも口笛吹きながら - *はねうまかいざー*

*3:リップ クレヨン | レ・メルヴェイユーズ ラデュレ

*4:これ1本だとマット過ぎて、ほかのパーツのメイクが薄いわたしはなんだかお化粧の途中のような顔になってしまう。透明なグロスでもいいから重ねないことには格好がつかない。