読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ときどき晴れのくもり空

いつか想像してた未来と今が少し違っていたって

気分はゴーストバスターズ

一週間が終わった。あれー、おかしいなあ。先週が終われば楽なはずだった……。

今週も、毎日残業で、なんやかんやぐったりとして帰宅。でも、倒れるように寝た日はほとんどなくて、意地でも「平日にも人生の楽しみを」というのを貫いている。

今週は、わたしにとってはとても珍しいことに、それがゲームだった。

ルイージマンション2

ルイージマンション2


うちは子どものころ、ゲームというものが禁止(!)されていて、家には一切のゲーム機がなかったのである。

だから、わたしにとってゲームとは、お正月にいとこに貸してもらう「ポケモン」であり、友達の家でやる「カービィ」であり、恋人の背後で眺める「バイオハザード」だった。

そして、いちばんの記憶は、小2のときに毎週のように遊びに行っていた親友の家で繰り返し繰り返しした、「マリオ」! 

あの単純さ、あの心躍る音楽、難しいことはしなくていいけど常に自分の手でゲームを進められるところ。好きだったなあ、と遠い記憶がくっきり刻まれている。


社会人になって、そうかもう何にお金を使ってもいいのか、と思ったとき、1台、ゲーム機が欲しいな、と思った。そして、なぜかPSP3DSを衝動買いした。

それからちまちまとやっているのだけれど、意外におおハマりというのはしていない。ほら、何でも年をとってから始めるとハマり方がひどい、というけれど。

なので、もしかすると、子どもの頃に買い与えられていても、ちゃんと節度を守って遊んだんじゃないかなあ、という気がする。


そんなわたしが、初めて、買ってから毎日遊んでいるソフトが、やっぱり「マリオ」関連だというのがちょっと面白い。

ルイージゴーストバスターズ、といったこのゲームは、ほとんど難しいことがなくて、でもゲームの中でやらせてもらえることはたくさんあって、探検好きにはかなり心憎い内容。

何より、ほんとうにルイージがかわいい! 記憶の中のルイージは、「なんだか緑色のマリオ」「じゃんけんに負けてマリオでプレイできないときの緑の」と、失礼ながら緑だということしか覚えていないのだけれど、いやーこんなにかわいかったとは。

オバケに怯え、カミナリに怯え、そのくせすぐに鼻歌を歌い、オバケを捕まえると得意げに跳ねる。

というわけで、ゲーム部2年目(ほぼ幽霊部員)のわたしは、ルイージくんと同じくらいびくびくしながら、毎晩オバケ退治をしている。