読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ときどき晴れのくもり空

いつか想像してた未来と今が少し違っていたって

夜更かしネイル

life murmur cosme

お風呂に入って、洗い物をして、爪を塗り替え、週末のほとんどを過ごしたベッドに戻ってきた。

今週末は、二日とも目覚ましをかけずに、朝8時に起きて、そしてお昼過ぎまでぐうぐうと二度寝をした。目覚ましをかけないのも、二度寝をするのもとてもしあわせ。

 

ネイルは今週も、COFFRET D'ORの#OR-44。

いつだか、ベージュばかりの爪に飽きて衝動買いしたものだけれど、会社の蛍光灯の下だと、オレンジというよりはきちんとしたサーモンピンクに見えるので、思いがけず重宝している。

http://instagram.com/p/gzG47sL5cN/

夜中に爪を塗りなおしていると、16歳のときと、わたしの息抜き方法は何もかわらないなあ、と思う。

あの頃は、受験勉強に飽きると、こっそりと爪をピンク色に塗りたてていた。いちごキャンディのような、ラメがごっそり入ったものがあの当時は流行っていたんだっけ。

 

このネイルはたまたまパールが入っているけれど、今のわたしは、ラメもパールも入っていないシロップのような質感のものか、あるいはいっそ、ぱきっとした絵の具のようなものが好きだ。

高校生の時、うっかり落とすのを忘れて翌日学校に行くと、保健室で落とすのが大変だった大粒のラメは、すっかりペディキュアにすら使わなくなった。

でも、「爪に色をのせる」ということの特別感は、あの頃と寸分違わなくて、嬉しくなる。成長したなあと思うことよりも、変わらないなあと思うことの方がうれしくなったのは、いったいいつからなんだろう。

 

日曜日が終わったのはね、わかってるんですよ。

だいたいこの時間帯、iPhoneを見るとごていねいに「月曜日」と表示されたディスプレイに、そう心の中でつぶやく。

でも、日曜日が終わってもね、まだ週末は終わってない、まだ続けたいんだよう。

そう思いながら、乾くまで、うっかり眠って週末を終わらせてしまうことのできないネイルを、わたしはおもむろに始める。ほんとうは、今のネイルは優秀で、塗っているそばからぐんぐん乾いてしまうのだけれど。

まあネイルが乾く分だけ長く、でいいから。もう少し、週末を味わいたいのだ。