読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ときどき晴れのくもり空

いつか想像してた未来と今が少し違っていたって

pink×beige

cosme murmur

なぜその場所が定位置になったのかはわからないのだけれど、玄関の脇に、ネイルをまとめて入れているかごがある。

なので、週末になるとうきうきとそこへ向かい、週末を過ごすための色か、あるいは次の1週間を過ごす色を選んで、リビングへと戻るのが最近の習慣。うきうきわくわくとする数歩の道のりである。

 

その中に、おそらく妹が買って忘れて行ったものなのだろうけれど、かなり派手なピンクのネイルがあって、ずっと持て余していた。

 

http://instagram.com/p/gfDSoiL5f4/

 

調べてみると、PAUL&JOE今年の春の限定品、#027(MANEKINEKO)らしい。*1

かなり青味の強いピンクなので、ペディキュアにしようかなあ、というか足にしかぬれないようなあ……と思っていたけれど、せっかくお休みなので、落ち着いた色と組み合わせて手に乗せてみることにした。 

 

http://instagram.com/p/gfDERQr5fu/

 

お供は、かなり優秀なCANMAKEの#62。まさにグレージュ、という色で落ち着いているのだけれど大人しくない、かなり秀逸な色出し*2で、単体ではかなり活用しているもの。

とりあえず、ということで順番に色を乗せてみた。

 

http://instagram.com/p/gde6i9r5RS/

 

結果は大きく前進あり、といった感じ。間にグレージュが挟まることで、途端にぐっと手にこのネイルを使うハードルが下がる。

 

今回は休日仕様、ということで、色の配分をピンク多めにしたけれど、薬指か人差し指だけのっけて、ほかはグレージュというくらいが普段使いにはちょうどよいかも。

もちろん、普通のベージュとも相性がよいと思うので、ベージュ系と合わせてこれから活用するつもりである。

黒いタートルに派手なネイル、というのはずっと大好きな組み合わせ。やりたい!

 

それにしても、ベージュというのは万能な色だと思う。

今一番気になるのは、シャネルのベージュ。この色の香水って、どんな香りなのかとても気になっている。今年はもう香水にお金は使わない予定だけれど。

*1:paul&joeのコスメは心底パッケージがかわいい……。ネイルも蓋も本体もかわいすぎてどうしようという状態。

*2:そして、匂いもよくて乾きも速い。最近のプリプラすごすぎ問題!