読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ときどき晴れのくもり空

いつか想像してた未来と今が少し違っていたって

可憐な紅色

今日はごはんはさぼって、代わりにあまいものをことこと仕込んだ。大量に林檎をもらったので、ジャムを煮る。
 
実は、わたしはジャムを煮るのは初めて。だいたいホームビデオ係として、台所をうろちょろした。
 
砂糖漬けにしている間に、まずは皮で色をとる。
 
f:id:uknowwatimean:20131104223015j:plain
 
ほんのり紅く染まって、ああこういうの見たことある、とはしゃいでいる内に、綺麗な色は完成。
 
f:id:uknowwatimean:20131104223036j:plain
 
第一弾を投入し、ざっとボウルの中身をあけると、ものすごくいい匂いが部屋にふわりと広がる。
 
林檎のジャムは、既製品でも苺やブルーベリー、あるいはマーマレードと違ってどこか柔らかく心許ない味がするので、手作りの鍋からはひたすら柔らかな香りがした。
 
f:id:uknowwatimean:20131104223052j:plain
 
とろっとするまでことこと煮詰めて、出来上がったものをバニラアイスと共に早速味見。

f:id:uknowwatimean:20131104223113j:plain
 
ほとんど可憐、といってもいいほど優しいピンク色のジャムは、ものすごく柔らかな味がした。
 
 
可憐なジャムと、その横で焼いたかぼちゃ団子が、今日の台所仕事の全容。
 
f:id:uknowwatimean:20131104223130j:plain
 
作るはずだったシチューは、おなかが膨れて食べられなかった。