読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ときどき晴れのくもり空

いつか想像してた未来と今が少し違っていたって

五反田くん

五反田を通る度に、五反田くんのことを思い出す。

高級車を乗り回し、とてもさわやかな見た目をしているらしい、好青年というのを絵に描いたような、ある小説に出てくる俳優のことを。

 

ダンス・ダンス・ダンス(上) (講談社文庫)

ダンス・ダンス・ダンス(上) (講談社文庫)

 


 実際の知り合いではなくて、本の中の人物のことを、毎回毎回、この駅を通過する度に律儀に思い出すというのは、奇妙な習慣だなあ、と我ながら、ときどき不思議になる。

それも、確かにその小説の中で、彼はなかなかに重要な役なのだけれど、わたしは特に彼に思い入れがあるわけでもないので、尚更不思議。
 
ただ、どうしたって、思い出すのだ。山の手線のドアが開く→駅の名前が聞こえる→五反田くんのことを思い出す。ここまでが完全にセットだ。
 
そして、だいたいその後は、ピニャコラーダを思い浮かべる。同じ小説の中で、綺麗な少女が繰り返し飲むお酒で、わたしは登場人物の中で、彼女のことがいちばん好きだったから。
 
例えばそれは、忘れていたつもりでも、大阪で電車に乗ろうとすると起きたりもする現象で、そういうことが起きる度に思う。
 
地名や駅名が名字の人とは、わたしはちょっと、付き合えない。
 
という話をしたら、それはまあ別れることが前提の思考回路だね、と言われた。なるほど。
 
ぐうの音も出ない。