読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ときどき晴れのくもり空

いつか想像してた未来と今が少し違っていたって

はぴねす

うっかり仕事のメールを見てしまい、案の定、うっかり凹む。明日行けば終わりなのに、そう急ぎの案件でもないのに、「仕事のメールを家で見る」ということだけで、人とはここまで盛り下がれるものである。

そのまま眠ったら確実に会社の夢を見そうで、スカイプの音を聴きながら、もう少し起きていることにした。

f:id:uknowwatimean:20130927005121j:plain

 

喉が渇いたので、最近どうしようもなく繰り返し買ってしまう紅茶を飲む。
 
午後ティーのこのシリーズは、ほんとにずるい。オレンジの方もかわいいのだけれど、あちらの方が夏! という感じ。パインが入っているせいかもしれない。
 
ピンクという色は、子どもの頃、ブルーをベースに大きくなったわたしにとって、服や、あるいは小物なんかでも、可愛すぎて飽きる気がして、あまり選ばない色だ。
 
にも関わらず、こういう消耗品では、考えるより前に手が伸びている。ただひたすらかわいい。かわいいのは素晴らしいなあ、と骨抜きになる。
 
わたしが高校生の頃、オシャレな子はみんなリプトンを飲んでいたけど、今の子はもしや午後ティーなのかも。少なくとも、最近わたしは、会社のデスクに午後ティーを置くとしあわせになる。