読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ときどき晴れのくもり空

いつか想像してた未来と今が少し違っていたって

これくらいのしあわせ

土曜日。のんびりのんびりして長い一日を過ごす。 明け方、ものすごくしあわせな夢を見た。起きるのがもったいないくらい。途中で夢だと気付いて、どんどん都合よく展開を変えて行き、お昼前まで眠ってしまった。 先週末に引き続き、換気をしながら片付け。…

So much better

春めいて、ある日には、コーヒーまでピンク色。 LION COFFEEのフレーバーはものすごくくっきりしていて、フレーバーものを飲みたい欲が完全に満たされる。こんなにかわいらしく苺でデコレーションされちゃって、なんだかちょっとライオンが居心地悪そうだけ…

春色をふたつ

冬の間に使っていたケア要因が、春を迎えて、軒並みきっちり切れて来た。 いちばんよく使ったリップケアは、こってりしたKiehls'からあっさりしたテクスチャのロレッタに。 ヘアケア用品としては、昔からよくPLAZAなどで見て気になっていたのだけれど、使う…

アムリタ

日曜日。 雨の降らない週末が、もう一周早かったら……と思いつつも、もはや初夏の匂いがしそうな夕暮れを楽しんでいる。 昨日は結局、たっぷりのポップコーンをお供にレイトショーで映画を観て、帰ってきて泥のように眠った。お昼前までぐっすりと。 起きたら…

Re: 桜に間に合った一年

2年連続で同じ場所にお花見に行ったのは、学生時代以来かもしれない。 雨降りの週末の合間を塗って、晴天とはいいがたい曇り空の日に、桜を見に行ってきた。びっくりくらいするくらい人が少なくて、でも桜の方はちょうど満開で、曇天のお花見もいいもんだな…

Sleeping Saturday

4月も、半分。月並みな表現しか出てこないくらい、時間が飛んでいく。毎週毎週、週末を心待ちにしているのは働き出して何年目になっても変わらず。 今日は朝起きられたら映画に行くつもりだったけれど、楽しみすぎて5時過ぎに起きてしまい、もうちょっとだ…

4月1日

春のはずなのに、まだ分厚いコートが手放せない朝と夜が続く。気温的には十分あたたかいはずの日でもなんだかまだ、コートを置いて出るには少し空気が冷たい。 気の早い桜が職場の近くで咲き始めるのを見て、今日もふらりと歩いた近所の道でしっかりとピンク…

凍らせた小さな魔法

揃えているわけではなくて、いつのまにか増えているメーカーやブランドのもの、というと最近の我が家はこちら。 BRUNO*1のキッチングッズ。たぶん今いちばん有名なのは、おしゃれなホットプレートだと思う。あれ、たしかに欲しくなるもの! でも、我が家に集…

ラクレット分の休息

ある平日。 珍しく平日の夜にプライベートな予定がぽんっと入った日があって。珍しいシチュエーションにわくわくしながら、誘い合わせて同じ電車に乗った。 平日の夜の予定はきちんと決めていると、たのしみなものの「時間までに終わるかな……」ときりきりす…

ふつうで特別な朝ごはん

というわけで、引き続き日常の記録。朝ごはんをいくつかまとめて。 最近いちばん幸福だった朝食は、知らない街めぐりをした土曜日の翌日、ある日曜日の朝ごはん。 降りた駅で住宅地をずっと抜けたところに、突如、とてもスタイリッシュなベーカリーがあって…

March in Pink

週末。のんびりずいぶん前のロードショー『RED 2』を流し見ながら紅茶タイム。 1週間かけてゆっくり読んでいた村上春樹氏の新作を夕方5時頃、ようやく1・2ともに読み終わったので、休日を惜しむようにのんびりしている。 村上作品を読むとパスタかシチュ…

とうふ記念日

子どもの頃には、大人になったら「はじめての記念日」なんてなくなるのだと思っていた。 そういうわけではなさそうだな、と思った二十歳から早十年近くが経とうとしているわけだけれど、「なさそうだな」どころか、「ぜんぜん減らない」というのが二十代最後…

Pink Friday

先週は暖かかった……んだっけ? もはや記憶があやふや先々週が暖かかったのかも。春のような服をしていた気がする。 そうそう、先週は寒かった。でも、存外綺麗に晴れている日が多くて、ダウンを着ていくかどうか迷った朝が多かった。結果的には毎晩「着て来…

チョコレート三昧

年々購入するチョコレートの数が増えていたけれど、さすがにそろそろ節度のない乱獲にも打ち止め。 というわけで、いちばん気になっていたチョコをあげる用にひとつだけ買い、自分用にも気になったものを少しだけ。 そのうちのひとつは、こちら。 コンパクト…

少しずつの行きつく先

暦モードを見ていたら、去年の今頃にはソファーを新調していたらしい。 もう一年も前かーという気もするけれど、もはやこのソファーがなかったときの生活を思い出せないので、まだ一年しか経ってないのが嘘みたいだ。 ソファーを買い、パソコン用にゆったり…

Something New

今年新しく買ったもの。 ずっと前から欲しかったけれど、ベーシック過ぎて後回しになっていたもの。 オフホワイトのパーカー、深いインディゴのダンガリーシャツ、くすんだグレーと潔い黒のドライな質感のニット。白のスニーカー。 今、これを買わなかったら…

オムライスはしばらくいいや

オムライスが好きだ。 子どもの頃に母が作ってくれた、たっぷりのケチャップライスを破れないのが不思議なくらい薄いたまごでフライパンの上、しゃしゃっと巻き上げる昔ながらのやつも好きだけれど、はじめてとろとろのものを食べたときに思った。 まちがい…

真冬のパウダー旋風

新調したものは、生活必需品のほかにもいろいろ。なかでもコスメはいろいろちょうどこのタイミングで切れて、新しいものを使い始めた。 特にベースメイク系が軒並み切れたので、するっと一新。 迷ったけれど、「新しい年に気持ちが華やかになるものを」とい…

新しく調える

新年。どたばたしているような、それでいてゆっくりしているような奇妙なスピード感での滑り出し。 もうそろそろ元旦に大きな目標を立てることも、ぴかぴかの気持ちにするりと変わることもなくなってきたけれど、今年は考える前に動いてみることに。年も変わ…

HAPPY NEW YEAR 2017

2017年。あけましておめでとうございます。 だんだん西暦の数字が現実感を失っていく……大人になるってふしぎだなあ、と未だに思ってるのに、もう子どもの目で見ていた数字から遥か遠い。 去年はともかくめまぐるしくて、一年のまとめの記事も書けないまま。…

完璧なグラデーション

さて、おやすみだ! 今日は朝、すごくうれしいお知らせで目が覚めたので、とても気分がいい。 11時頃、昨晩ぐったりと倒れ込んだベッドで、起きるかどうか迷いながら開いたiPhoneの画面を見て、即起き上がることを決定。 引っ越して数日は朝ドラを観ていたの…

5年後の不等号

続けて、那須のこと。 あまり目的のなかった那須旅行で唯一の目的らしい目的だったのが、SHOZO CAFEだった。1988とNASUの2店が栃木にあるらしく、今回は宿泊先に近いNASUの方へ。 目的とは言っても、「滞在中に行ければいいな」くらいだったのだけれど、思…

おしゃべりな道中

久々にログインしたら、はてなブログが3年日記のような仕様になっていてびっくり。振り返るために書いている日記なので、この新機能はすごくうれしい! 早速去年の11月の日記に飛んでみたりしている。 旅だらけだった秋の旅行、たぶん第1弾だった那須の…

うるおう

めまぐるしく11月が終わっていく。毎年のことながら、9月以降のノンストップ感はすごいなー。ぐうぐうとよく睡眠だけはとって、なんとか生き延びている3か月。 わたしにしては珍しくいろいろと旅行もして、それがばたばたに拍車をかけている。 東京にも…

さんぽとお祭り

11月のこの時期は、いつもさんぽをしている。 過去の日記をぱらぱらっと見てみても、圧倒的に活動的なのは秋で、それはたぶん気候がいいせいというよりは、「今年が終わる前にしておきたいこと」リストにようやく真剣に向かい合う時期だからだと思う。 わた…

1年越しのサングリア

何一つそれらしいことをやるわけではないのに、ここ数年、ハロウィンが終わるとなんだかほっとする。クリスマスの支度をしてもいいんだと、正式にカレンダーに言われた気がするから。 1週間前には、那須に旅行に行ったときに買ったちいさなリースを玄関に出…

ノスタルジックな目元

暑い時期にはどんどんメイクが簡潔になっていくずぼらな人間なので、こうして少しずつ寒くなってくると、逆にだんだんメイクが濃くなっていく。 そもそも使う色自体が、秋冬の方がはっきりしたものが多いというのも、ひとつの要因だろうけど、今年はそれに加…

Just an ordinary Sunday

日曜日。遊び歩いて〆のラーメンまで食べて帰宅した土曜日から、地続きの朝。 お客様用のふとんを書斎に引いて、もう1年以上ほこりをかぶっていたTVに電源を入れて、お泊りパーティーをした。朝までゲームをやるのだ! もっとも、わたしはだいたいにおい…

秋のことはじめ

寒い。晴れているのに寒くて、ああもうだめだこれは秋だ、と白旗を上げたのは2日前のこと。 書斎の隅で眠らせていたヒーターを稼働させ、久しぶりにブレーカーのことを気にしながら、ドライヤーを使った。 8か月ぶりにつけたヒーターは、眠っていたのが嘘…

桜に間に合った一年

過ぎ去っていく春の中で、そういえば、今年は数年越しの桜を見たのだった。夏に夏にと気持ちが急いているけれど、あの一日を思い返すと春もいいものだったなあ、と口元がほころぶ。 思い返してみると、東京に来てからプライベートでお花見をしなかったのは、…

Autumn in the Room

もはや寒い。10月もちょうど半分。 そろそろヒーターの季節かしらとこの日記を振り返ってみたら、去年はもう既にヒーターを付けていた*1。そう考えれば、今年はまだ少しあたたかいのかもしれない。 昼間はとてもとてもいい天気で、今年はもう少しねばろうと…

夏の公園

雨をやり過ごすたびに、クーラーを必要としない気温になって、今日はもう日が暮れてから外を歩くと、少し肌寒いくらい。まだ近場の外出にはサンダルを履いてしまいそうになるけれど、それもだいぶ不自然になってきた。 というようなことを、9月24日に書くだ…

"Do you still love me?"

少しずつ思い出しながら、夏の話。 夏休みというと、「テーマパーク」という言葉がぱっと浮かぶのは、わたしが浮かれた子ども時代を過ごしたからで、あれが夏だったかは最早いまいちあやしいのだけれど、父が運転する車で、地元からはるばるディズニーランド…

数か月早い今年のみかん

起きたら、雨どころかぴかぴかのいい天気。あまりに暑くて、久しぶりにクーラーをつけた。 昨晩表題作だけ読んだ『オーブランの少女』の余韻を一掃するようなきれいな朝だ。短編集なので、起き抜けに次の収録作品をぱらぱらと読んだら、そちらもそちらでなか…

いつぶりの秋

朝8時に起きた休日。10月最初の日。 案の定! 特に何も記録できないまま、新しい月になってしまった。でも、今日はさくっと早い時刻に目が覚めて、手つかずの週末を確認してだいぶいい気分。 天気はあまりよくないけれど、昨日買っておいたパンもあるし、心…

グッバイ、サマー

おやすみである。 もっとも、すべてカレンダー通りだけれど、でもこの昂揚感は何物にも代えがたい。3連休という言葉に浮かれて、久しぶりに日常を振り返りたくもなる。 日記をつけそびれている間に、すっかり夏が終わってしまった。 今週末は秋を感じに、昨…

夏色ソーダ水

食べ物だけでなく、今年は飲み物も夏をはじめるのが、例年になく早い。 ある日、ヨーグルトに入れるのかと思っていたフルーツが、軒並みジャーに入って出て来たのがそのきっかけだった。 たくさんのベリーに、甘みの強いオレンジ。 すっきりした辛口のサイダ…

空色の、湯呑みじゃないもの

夏はじめと言えば、今年最初に食卓におそうめんが登場したのは、例年に比べてずいぶんと早い3月21日だったらしい。写真フォルダを遡っても遡っても現れないので、びっくりした。 先ほどの話ではないけれど、子どもの頃、おそうめんはお蕎麦よりももっと美味…

ベストコスメをひとつずつ

ストレス発散のようにお買い物をしてはいけません、とは思っているのだけれど、ついつい忙しいとお財布のひもが緩む。というわけで、この春の散財備忘録。 ベストセラーという言葉に、胸が高鳴る人と、伸ばしかけた手が引っ込んでしまう人とがいるとすれば、…

夏はじめのすいか違い

なんやかんやしていたら、77日ぶりになってしまった。もはや、梅雨。 最近、朝起きてカーテンを開けるのが、どちらかというと占いじみた習慣になっている。 今日は星座占いなら6位くらい、という微妙な結果。さくさく午前中から午後一にかkて用事を済ませて…

No Place Like HOME

久しぶりに、心底、家でまったりしている土曜日。 3月は遊び歩いたわー、と自分で自分に感心していたら、感慨を覚える隙もなく、4月最初のお休みも、ばたばたとしたものになった。 だから、この土曜日をほんとうに楽しみにしていた。 今日はだらだらしよう…

年に一度の、まいにちのパン

ささやかなしあわせと言えば、この間、ようやく念願のパーラー江古田に。 行った、とすぱっと書けないのは、本店さんの方ではなく、2号店「まちのパーラー」さんの方に行ったからである。 こちらの方が、少しお店が広いと知って、せっかく訪れたのに、入れ…

おもちのはなし

完全に季節外れになる前に。 最近、朝ごはんにたびたび登場するものがある。冬限定のメニュー、おもち様。 大好きで、できれば毎日・毎食食べたいくらいなのだけれど、そのカロリーたるや、秒速で大嫌いになれるくらいなので、朝限定にとどめている。 おもち…

卒業できないメープル

秋の終わり、珍しく、繰り出し式じゃないルージュを買った。 唇が上下共にしっかりあるのと、最近の「にじませリップ」なんてありがたい流行のおかげで、ほとんどのリップは、ポケットやバッグから取り出したそのままで塗ることができる。 まるで、リップク…

いちご色の季節

3月。早いなあ……という感想もなくなるくらい、この速度で季節が流れるのにも慣れてきた。 少しずつ、朝選ぶアウターを薄手にしても大丈夫になってきたけれど、むしろ、今年あまり着なかった冬のコートを、慌てて着てみたりしている冬の終わりである。 一方…

渇いた冬の気付け薬

乾燥とは縁のない人生だったのに、今年はなんだか乾いている。 それが不思議なことに、右手の甲と唇だけで、たとえば左手の甲だって既にもう感想の気配もない。 あまりに局所的で、理由がよくわからないまま、乾燥したのを放っておくのもいやで、珍しくこま…

不意打ちのダークグレー

雨の土曜日。がちゃりと玄関で鍵の開く音がして起き上がると、朝ごはんを手にした恋人が、リビングをぱたぱたと片付けていた。朝の9時。 昨夜は遅かったせいで、なんだかまだまだ寝たりない気持ちのわたしとは違い、忙しく立ち働く手足からは、既に外の匂い…

TV, movie, drama and movie!

最近、読書はちょっとお休み。 文庫を持ち歩く元気がなく、kindleに入れた『木曜組曲』をちょこちょこ読み返しているくらい。 それもなかなか集中できなくて、休日も、本ではなくTVばかり付けている。 今朝は、『トムとジェリー』を流しながら、リビングで…

お湯に溶けてくイエローなオレンジ

平日、湯船にお湯をためる夜は、ほぼないと言っても過言ではないけれど、まだ明るいうちにお湯をためる休日は、意外と頻繁に訪れる。 寒い冬の日、天気のいい休日に、たっぷりお風呂に浸かって、カーテンをしていてもなお真っ白な部屋の中、熱いくらいだ、と…

春一番のバレンタイン

バレンタイン*1が日曜日なんて、2016年は、なかなかスイートなカレンダーだと思う。 もっとも、木曜日も祝日だったせいで、なんだかここ4日くらい、ずっと夢現で過ごしている。 とはいえ、くっつけて連休にするような余裕のあるスケジュールでもなく、ふつ…