ときどき晴れのくもり空

いつか想像してた未来と今が少し違っていたって

book

2017年の夏の忘れ物

土曜日。 秋らしいとても天気のいい午後、一年越しで去年の夏に読みさしたままだった本を読み終えた。 横浜で時間を持て余したときに読み始めた本で、熱いコーヒーと、フォトジェニックなフォンダンショコラを待つ間に、2章だけ読んでなんとなく続きを読め…

パンケーキを買いに

このあいだの週末、久しぶりにパンケーキを食べに出かけた。 パンケーキを食べること自体は、2か月に1回くらい(こうやって書いてみるとそんなに食べてないな……)はあったけれど、わざわざそのために出かけるのは、かなり久々。 それにしても、一時期の大…

あの子は貴族?

三連休最後の一日。 9:45くらいに起きると、恋人はもう起きていた。綺麗に晴れていて、ここ数日の晴れ方はもはや春のそれみたい。 昨日、ゆめぴりかを食べきってしまったので、新しいお米を開けて朝ごはん。さらさらと鮭茶漬け。残りのごはんは小さめのおに…

単純に完璧なプリン・ア・ラ・モード

日曜日。 いろいろと乗り越えた後の、穏やかな三連休。ぜったいにもう無理だ! と1月半ばから2月頭にかけて何度も思ったけれど、なんやかんや無事に収まるべきところにすべてが収まった。 ほんとに最後の数週間は、この三連休をずっと待っていた。 土曜日…

それはたとえばサンライズでもなく

そして、また日曜日。2月最初の週末が終わっていく。 朝ごはんは、薄く切った小ぶりのトーストとスクランブルエッグ。わたし用にかりっと焼かれたベーコン3枚と、薔薇のジャムをたらしたヨーグルト。それから珍しく飲み物はミルク。 10時半くらいには食…

Town in the snow globe

日曜日。 あっという間に2018年1月最後の土日。そんなことある……? のんびりしたような忙しかったようなふしぎな1か月だった。 いちばんのニュースは、東京にも雪が降ったことかなぁ。もう一週間弱経ったわけだけれど、いまだに裏通りには少し雪が残ってい…

しずかな土曜日

またしても、土曜日。 金曜日はけっこう深い時間まで働いたけれど、目覚めはさわやか。飲み会帰りで酔っ払っていた恋人がどんよりしているせいか、自分がぴかぴかの土曜日を迎えられたような気がしている。物事はなんでも比較の問題だ。 ブランチはいつもの…

Stuffed

日曜日。昨日は3時くらいまで、なんやかんやで夜更かし。その割には、9時すっきりと目覚める。やっぱり6時間睡眠っていいのかも。 iPhoneをつけると画面がクリスマスで、うきうきする。 暦モードで見たら、2年前にも同じ時期にiPhoneの壁紙を替えていた…

水曜日のカラクリ

平日。水曜日を超えるとほっとする。 今日はずいぶんとあたたかい日で、お昼は職場から少し歩いたところにあるお気に入りのビルの屋上で食べた。風もなくて、一応コートは着ていたものの、なくてもいいくらいぽかぽか。 陽気につられてか、蜂まで現れたのに…

金色の記憶と、2つの「おしまい」

ふたたび、週末。寒いけれど、きれいな秋晴れ。11月に入ってしばらくぐずついていた天気が嘘のように、風がなくてあたたかな土曜日。 ちょっと遠出をして、はじめて行く公園まで紅葉を観に行ってきた。 はじめて来るエリアで少し迷いながらだけれど、天気が…

Holiday Season Begins

さて。日曜日。 今年もスターバックスに「ジンジャーブレッド・ラテ」が出始めていて、一年をなんとか乗り切れそうな希望が灯った11月も後半に差し掛かった休日。 シックなデザインの方がいつもは好みだけれど、ホリデーカップは別。今年のものも、がちゃっ…

ミステリィだらけの日曜日

もくもくと読書の日曜日。と言っても、実際に読み始めたのは、日が落ちるか落ちないかというくらいからだけれど。 昨日届いていたMy Little Boxもようやくきちんと開封する。 大好きな本と大好きなBoxのある、何も予定のない手付かずの日曜日。控えめに表現…

クッキーとミステリィと牧神の午後

土曜日。「外で待ち合わせて外食」という久々にフライデーナイト感のある夜を過ごし、するっと10時に起床。ぴかぴかのいい天気。 平日読もうと思って持ち歩いていたのに、見事に1ページも読めなかった本をぱらぱらめくって、ベッドでしばらくごろごろして、…

君は秋の日の夕暮れみたいだ

ものすごく久しぶりに、天気のいい休日。 さてさて。ばたばたしている間に、11月になってしまった。今年の夏から秋の怒涛感ときたら。ちょこちょこ遊びもしたはずだけれど、どうしたものか、働いていた記憶しかない。 元気をチャージするべく、なんだか妙に…

Feed

10月とは。しかも、あっという間に20日を過ぎてしまった。台風の週末は、家からほぼ出ずにじっと過ごして、やっといろいろ回復。 表に出て、久しぶりに20℃以上ある気候に戸惑いながら、仕事へ向かった。キンモクセイの香りにもすっかり馴染んでしまった秋の…

3連休を始める1冊

秋になって、コーヒーより紅茶を淹れる頻度が高くなると、今年もそろそろ本を読まなくちゃなあと思う。 年がら年中、だらだらと読んでいるのに、ふしぎと言っちゃふしぎなんだけれど、たぶん、秋の匂いがすると「もうすぐ一年が終わる」という危機感が募るせ…

Rabbit, rabbit!

8月最初の一日。 朝からパッとしない出だしで、夜には、今年買ったばかりのグラスを割った。まったくもって、パッとしない。 背の高いシンプルなグラス。丈夫そうだったのに、びっくりするくらいかんたんに割れた。 100均のものなので、値段という意味におい…

それはまるでマシマロ風味

旅行記に疲れて来たので、唐突に日常の記録を。 結局、たいそうのんびりした土日になった。イレギュラーといえば、鰻を食べたことと、連日わりと早起きをしたことくらい。 ほぼずっと、リビングの大きなソファーで過ごした。 朝開けたマシュマロは、次の日曜…

Neverland in the theater

お昼ごはんは、久しぶりの家パスタ。昨夜、福岡に行ったときに買って、ずっと冷凍していた明太子の瓶を解凍しておいたので、それを混ぜるだけのかんたんな一皿。 福太郎*1さんのTHE MENTAIシリーズ。 ころんとした瓶も、ラベルもすべてがおしゃれで、とても…

Remedy

7月最後の日曜日。一休みの休日。今日はくもり空。 週半ばから恋人が体調を崩していたのもあって、昨日は静かな土曜日を過ごした。わたしもこの数週間の激動ですっかりくたくただったので、元々ひきこもるつもりだったのに、「せっかくの休みなのに」ととて…

眠ってばかりの日曜日

日曜日。呆れるほどのんびりした。 ちょうど土曜日が終わる瞬間に、昨日買ったばかりの『笑わない数学者』を読み終わり、すっきりした気持ちで日曜日を迎える。 最近、本を読む時間を増やそうと思って、通勤時間にちょくちょく細切れに読書をする習慣を作ろ…

早起きしてモーニングを

そして本日。ふたたび、土曜日。 ものすごくよく晴れていて、先週解禁したクーラーを、今日はほぼずっとつけっぱなし。しんどくて何もする気がわかないよりは、電気代を払ってたのしく過ごす方がいいやと思って。もちろん節約はしたいけれど。 暑くてアイス…

土曜日はノスタルジィ

とめどない日々の記録。 去年から、5月から6月にかけてバタバタしていて、気づくとこの時期になってしまう。忙しいというよりは、冒頭の忙しさをぼーっと癒している間に、6月が終わっていくという感じが実情に近い。 ベッドサイドにおいた日記にあわてて…

土曜日はちいさなお城

先日。吉祥寺でずいぶんと長い一日を過ごした。 吉祥寺に行くのも、なんだかんだで久しぶり。気取っていないのにハレの日感がある街で、単純にたのしい。そういえば、お花見の時期には、もう何年も行っていないなあ。 朝一で出かけて用事をひとつ済ませ、そ…

4月1日

春のはずなのに、まだ分厚いコートが手放せない朝と夜が続く。気温的には十分あたたかいはずの日でもなんだかまだ、コートを置いて出るには少し空気が冷たい。 気の早い桜が職場の近くで咲き始めるのを見て、今日もふらりと歩いた近所の道でしっかりとピンク…

March in Pink

週末。のんびりずいぶん前のロードショー『RED 2』を流し見ながら紅茶タイム。 1週間かけてゆっくり読んでいた村上春樹氏の新作を夕方5時頃、ようやく1・2ともに読み終わったので、休日を惜しむようにのんびりしている。 村上作品を読むとパスタかシチュ…

HAPPY NEW YEAR 2017

2017年。あけましておめでとうございます。 だんだん西暦の数字が現実感を失っていく……大人になるってふしぎだなあ、と未だに思ってるのに、もう子どもの目で見ていた数字から遥か遠い。 去年はともかくめまぐるしくて、一年のまとめの記事も書けないまま。…

いつぶりの秋

朝8時に起きた休日。10月最初の日。 案の定! 特に何も記録できないまま、新しい月になってしまった。でも、今日はさくっと早い時刻に目が覚めて、手つかずの週末を確認してだいぶいい気分。 天気はあまりよくないけれど、昨日買っておいたパンもあるし、心…

No Place Like HOME

久しぶりに、心底、家でまったりしている土曜日。 3月は遊び歩いたわー、と自分で自分に感心していたら、感慨を覚える隙もなく、4月最初のお休みも、ばたばたとしたものになった。 だから、この土曜日をほんとうに楽しみにしていた。 今日はだらだらしよう…

雪と、夜と、氷と

これまで、冬をすこし好きになるのは、たいてい、その中でほんの少し、温かさを見つけることができたときだった。 たとえば、びゅうびゅう風の吹く休日の外出で、その音も遮断するような、もふもふのイヤーマフを買ったとき。 あるいは、熱いカフェラテのテ…